あらゆるボーダーを越えて。

あらゆるボーダーを越えて。

境い目なんて、最初からない。

あったほうが都合いいと思った人が、勝手につくった線にすぎない。

それを使って別の主張をする人たちも、しかり。

  

こっちのほうがすごい。

こっちのほうが偉い。

こっちのほうがダサい。

こっちのほうが上手い。

 

そんなことを語る権利は、誰にもない。

 

私とあなたは違う。

あの人とこの人も違う。

こっちとあっちは、異なる。

あれとこれは、別のほうを向いている。

それだけ。

 

だから素晴らしいし、だから尊い。

そこにあるのは、感謝と尊敬だけ。

それだけでいい。

 

それを認められず、攻撃する人がいる。

違うからダメ。

こうじゃないとイヤ。

あれは絶対ちがう。

こうしろ、ああしろ。

やめろ。

  

思うのは自由。

自分がそうするのも、自由。

でも、それを人に押しつける権利はない。

他のすべての人に、選ぶ権利がある。

 

攻撃は、怖さの象徴。

どんなに正当な理由があると思っても。

怖さ以外に、理由はない。

自分が否定されることが、怖いだけ。

 

そんなときは、まず認めてみる。

怖いんだなって認めてみる。

人間なんて、そんなちっぽけ。

自分なんて、そんな小心者。

そんなかわいい自分を受け入れてみる。

そしたら人にも優しくなれる。

 

大きく揺れ動く、世界のなかで。

うごめきつづける、社会のなかで。

 

変化をおそれず進化しつづけるために、必要なこと。

 

人を愛すること。

違いを認めあうこと。

今を大切にすること。

自然を愛すること。

地球を愛すること。

好奇心を忘れないこと。

アクションを大切にすること。

捨てる勇気をもつこと。

揺るぎない信念をもつこと。

すべてを受け入れること。

 

あらゆるボーダーを越えて。

COLUMNカテゴリの最新記事