ドラマBGがロンバケになった日。第7話。

ドラマBGがロンバケになった日。第7話。

日本のドラマを、最近はあまり見ない。

それなのに、なんとなくタイミングが合って、久しぶりに木村拓哉さんのドラマ「BG」を見ていた。

そしたら、すごいニュースに遭遇した。

大好きな大好きな大好きなロンバケを彷彿とさせるニュース。

 

山口智子さんがゲスト出演!

 

こんなサプライズと、ロンバケファンとしての自分の嗅覚に大興奮したものの。

普段から、アメリカのドラマやショーなど、質の高いエンタメをたくさん見てきている私。

 

このゲスト出演によって、話題作りだけでなく、ドラマ自体もきっちりいいモノになるようにと願うばかりだった。

 

ドキドキしながら見た、BG第7話。

 

結局。

智子さん。好きだーーーーーー。

 

ただの告白。

 

ネットではけっこう回想シーンが「もろロンバケ」と話題になっていた。

だが私はあまりこのシーンは好きではなかった。

 

若作りした2人が、ロンバケっぽさを出している、そういう「いかにも」な演出。

これにあまりピンとこなかった。

 

もちろん懐かしさはあったが、これ見るならロンバケを見ればもっと楽しいぞ、と思った。

(ファンのたわごと)

 

だが見せ場は後半にあった。

 

銃を向けられた状態での、2人の痴話ゲンカの掛け合い。

あれこそが私の求めていたシーンだった。

 

新しい、今ナウナウの、ホットな2人の掛け合い。

寸分違わず、あの時のまま。

 

智子さんが早口で迫り、どんどん勢い余っていくのを、木村さんがテンポよくサクサク受け止めてく。

そこにまた完璧な間合いで、智子さんが乗っかっていく。

 

あっぱれ。

 

特に腕時計のくだりは最高だった。(覚えてる?)

ロンバケファンとして興奮が頂点にまで達した瞬間だった。

 

あ、これはもう完全に南と瀬名だ。

 

いや。そう思った瞬間に自分の間違いに気づいた。

 

あれは、キムタクと山口智子なんだ。

この2人の、この2人にしか出せないケミストリーなんだ。

 

そう考えると、本当に、人との出会いが作品を作っていくんだということも痛感する。

 

あのロンバケという作品も、あの2人でしかなし得なかったもの。

そして他のキャストや時代をふくめ、そういう奇跡がたくさん積み重なって、名作となったのだ。

 

BG第7話の視聴率は、過去最高をマークしたそうだ。

これがロンバケ効果なんだとしたら、今でもロンバケが多くの人たちに愛されているということが、純粋に嬉しい。

 

キャストが楽しみながら、私たち視聴者のことも存分に楽しませてくれた。

だからそれが数字になった。

それでいいのではないかと私は思う。

 

ただの話題作りではなく、ストーリーもちゃんとしていたし、元嫁として息の合ったところがあることも設定として無理はない。

作品に深みが増して奥行きが出た感じがした。

 

そしてとにかくロンバケファンとしては、2人が見せてくれた新しい掛け合いに、感謝。

幸せな気持ちを、ありがとうございました。

 

南と瀬名は、今もまだどこかでああやって仲良くしてるに違いない。

ホクホク。