伝えるチカラ。

伝えるチカラ。

 

これまで、

なかなか認めることができなかった

自分の伝達能力の無さについて。

 

 

ここのところ、

とても真摯に向き合えています。

 

それもこれも、

ストレングスファインダーをやった

お陰かなと思っています。

 

前に書いたときは、

私の伝えるチカラが全般的に

不足しているのかと思っていましたが。

 

実は、私は豊富なアイデアを持っていて

戦略性や未来思考にも富むタイプだそうで。

 

だけどソレを、

人にちゃんと理解してもらえるよう説明するのが

苦手なんだそうです。

 

 

私は、アイデアが却下されるたび、

どうしても、アイデア自体が悪かったのか?と

自信を失いがちでした。

 

だけど、それは、

説明するタイミングだったり、表現だったり

ということだったようで。

 

 

何より、「自分のアイデアは悪くない」と

自分にリマインドできたことが

とても自信に繋がりました。

 

だからこそ、そのアイデアを

ちゃんと人に伝えられるようになりたい!と

弱点克服の意欲も生まれました。

 

過去を振り返っても、

確かに、すべて腑に落ちるんです。

 

自分のアイデアが却下されて、

それを、ずっと後になって

他の人から、真っさらなアイデアのごとく

提案されることが、けっこう、あって。

 

私は、冷ややかに

「え、それ、最初から言ってたじゃん・・・」と

思ってたりしたんですが。

 

 

要は、伝わっていなかったのですね。

 

相手の気持ちも考えずに、

ぶしつけに意見を押しつけてしまっていた

のでしょうね。。。反省。

 

 

 

うまく頭が整理できていると

すごく上手に伝えられることもあるので、

要はコツをつかむことだと思います。

 

過去、どういう時に上手くいったか?

そういう分析をしてみるのも

いいのかもしれませんね。

 

克服された方がいらっしゃったら、

ぜひ、教えて頂きたい・・・。

 

今のところ、

口頭で伝えるのが上手だなと思う人に

恥を捨ててアドバイスを求めたり、

本を読んだりしています。

 

恥ずかしいとか、言ってられない。

 

どうしても、

自分の想いを実現できる自分に

なりたいのです。

 

あ。

 

そういえば。

 

以前、

右脳左脳おもしろ診断というのを

したことがありました。

 

右脳・左脳おもしろ診断

 

私は

左脳インプットし、右脳アウトプット。

 

つまり、

理論的に考えて、直感的に話す。

 

・・・伝わるかよ!笑

 

診断結果にも

「本人は的確に理解できていることでも

人には理解してもらいにくいかも」

って。

 

ですよね。

 

左脳でインプットするタイプなので

その理屈よくわかります。笑

 

 

この診断は遊び半分だったので

すっかり忘れていましたが、

結果としては同じこと言われてますね。

 

こんだけ情報あつまってくると、

信じてしまいます。

 

みなさんも、遊び半分でも

やってみる価値があるかもですよ。

 

右脳・左脳おもしろ診断

 

結果は、あくまでご参考ですが。

 

 

さて、戻りまして、

もう少し自分の話をさせて頂くのですが。

 

こんな私にも、

少しはうまくできるかなと思うのが、

こうやってブログなどで文章にして

アウトプットする方法です。

 

頭を整理しながら

アウトプットできる方法だから

良いのでしょうね。

 

良くも悪くも、

私の頭は、いつも思考でいっぱいなのです。

 

だから私は、メモに考えを書き、

ノートに戦略を書き、Evernoteで戦略を整理し、

そして思うことをブログに書き、

 

そして、、、感じたことを、唄う?笑

 

アウトプットが右脳だと考えれば

唄うことが自己表現の一つになっていることも

納得です。

 

そんな今日、買った本たち。

 

山田ズーニーさんの本は、

どれも評判が良いのでいつもチェックしていました。

 

カーネギーは、読んだハズなんですが、、、

 

当たり前のことすぎて、納得しすぎて

自分がそれをできてないことが認められなさすぎて

スッカリ忘れました。笑

 

目次を読んだだけで、

かなりズキズキきてます。

 

どちらも読了したら

レビューできればと思います。