ボイトレネタ。歌がうまくなりたいなら、まず音楽を好きになる。

ボイトレネタ。歌がうまくなりたいなら、まず音楽を好きになる。

どうしたら歌がうまくなれますか?

って聞かれることがあります。

 

とにかくまず、

音楽を好きになることだと

私は思います。

 

歌うことにフォーカスして

技術をみにつけることも大切ですが、

なにより音楽という芸術がもつ

素晴らしさについて

たくさん知ってほしいです。

 

じゃぁ音楽って何?っていうと、

それは難しい専門知識のことではありません。

 

たとえば自分が好きな曲があるとして

それを自分はなぜ好きかな?って

考えてみることだと

私は思います。

 

その曲の、どういうところが好きか?

聴いているとどんな気持ちになるか?

 

「歌がうまくなりたい」っていうのは

その曲をきいて

「この人みたいに歌いたい」って

思った先にある気持ちですよね。

 

それを噛み砕いてくと、たぶん、

その人の歌をきいて感じたような感動を

自分もつたえられるようになりたい

ということだ思うんですね。

 

音楽というのは、

作った人や表現した人たちが

「伝えたかったこと」を

音にしたものです。

 

難しい理論ではなく、

本来そこにあるのは、その人の気持ちであり

何かしらの情熱なわけです。

 

だからそれを知ることが、

音楽を知ることにつながります。

 

このとき、専門用語は

知らなくたって構いません。

 

自分の感じたことが正解です。

 

その歌が好きなのか?

どういうところが好きなのか?

 

それをしっかり追求して

ふかくふかく育てていくことで

その「音楽」に近づくことができます。

 

そうすると、

感情がこめやすくなるし、

表現もゆたかになります。

 

そしてその歌にたいして

愛情も深くなるから、

おのずと前より上手に唄えると思います。

 

これは、

歌を続けていくにあたり

本当に大切なことだと私は思います。

 

もし、そこをおろそかにしたまま

歌の技術を身につけたとしても

薄っぺらい、限られた表現力しか

ないままになってしまいます。

 

だから、どうして好きなのか、

どうしてうまくなりたいのか

たくさん考えて、

たくさん夢を持ってほしいです。