一汁一菜でよいという提案 by 土井善晴

一汁一菜でよいという提案 by 土井善晴

 

今の私が、

いちばん読みたかった料理の本でした。

 

一汁一菜というのは「スタイル」だという主張。

 

その起源となる考え方や

「なぜ良いか」という根拠を説明してくれる本。

 

 

かつて、土井さんの料理番組を

毎日のように見ていたころがありまして。

 

どこまでも柔らかい口調で

ひょうひょうとシンプルな料理を作られる。

 

そんな土井さんが素敵でした。

 

若い女性アナウンサーに

基本料理をレクチャーするような番組で、

その優しい教え方、率直でソフトな関西弁ツッコミが

めちゃ楽しかった記憶があります。

 

 

だからこの本も、

単純明快で、明るく楽しく、ほがらかな雰囲気。

そんな想像で読み始めました。

 

その想像、とても良い意味で

 

裏切られました。

 

“料理する”ということが

非常に哲学的にとらえられていて、

とても深く、そしてとても幅広い知識で

語られていました。

 

感動。

 

ここのところ、

「なぜ料理をするのか」

よく分からなくなっていました。

 

以前は毎日のように自炊していたけれど

今は近くに美味しいお店がたくさんあるし、

あまり作る意味を感じなくなってしまって。

 

 

最近はお店にも美味しいサラダが増えたし

 

ちゃんと考えて注文すれば、栄養バランスが

偏ることも、そんなにない。

 

でも、たまに料理すると

やっぱりなんか落ち着くし、心のどこかに

材料からゆっくり食事を作るというその行為に

癒やされている自分がいたりして。

 

あぁー。やっぱ料理っていいなぁ。

 

と思って頑張り始めるんだけど。

 

またそのうち、何のために頑張ってるんだっけ?

とか思い始めて続かない。

 

 

 

言ってて恥ずかしいけど。笑

 

 

とにかくこの本は、

そんなブレブレな私に一石を投じてくれる、

最高の一冊になりました。

 

料理をするとかしないとか、

それはもう選ぶ権利なんてないんです。

それぐらい大切な営みだということを

きっちり理解しなさい。

 

凝らなくたっていいし、

頑張らなくたっていい。

 

だけど、生きるために作るんです。

 

 

はい。

 

 

正座して、お説教を聞いてる気分。

 

だけど決して、気分は悪くない。

 

むしろ胸がワクワク、目がキラキラ、

なんだか毎日料理する気になってきた!

って本当にコロッと変わる。

 

なぜってそれは

土井さんの料理に対する愛が

ふんだんに盛り込まれた、

愛情たっぷりの文章だからだと思います。

 

 

ほんっとーうに料理が好きなんだというのが

ひしひしと伝わってきます。

 

何度も何度も読んで、

土井先生に教えを請い続けたいです。