インプットとアウトプット。

インプットとアウトプット。

アウトプットというのは、発信である。

プレゼンテーションであり、表現である。

 

みんな、自分に何ができるか、日々、さがして発信しようとする。

 

自分はなにものなのか。

自分は、どう考えるのか。

 

自分だけの「何か」があると信じて、自分の中から掘り起こそうとする。

だいたいの場合、答えはそこにある。

 

生まれたときから、私たちは完全体だから。

 

自分のことをちゃんと受け入れ、おおらかに生きるならば。

答えはもう、そこにある。

 

イエス、オア、ノー。

それは感覚で、口をついて出るほど、かんたんな答えかもしれない。

 

だけど、ときどき、なぜかそれが、出てこないことがある。

 

自分がいったいどうしたいのか、何を考えているのか。

考えても考えても、なかなか出てこないことがある。

 

誰のものでもない、自分だけのアウトプットを探しているのに。

 

どうしちゃったのだろうと、悪あがきする。

 

どんどん掘って掘って、それで疲れ果てる。

それでも何もなくて、あーーどうしたらいいのと途方にくれる。

 

そして、はたと気づく。

 

私、インプット足りてる?

人に何か発信できるほど、ちゃんと学んでいるだろうか。

 

一回、ひととき、やっていた、ということではなく。

ちゃんと「やり続けている」だろうか。

 

他者のいない自分なんて、この世には存在しない。

 

だって最初はみんな、お母さんのお腹にいたんだし。

最初から一人きりだった人は、この世に一人もいない。

 

だから自分というものは、2つあって。

 

持って生まれたあなた自身と、他者の中ではぐくまれるあなた。

 

自分の中に、何もないと思ったら、自分が欲しいものが自分の中に見当たらないと思ったら。

 

他者に学んでみる。

 

それがインプット。

 

あのスティヴィー・ワンダーも、大好きなデューク・エリントンに憧れて歌を唄った。

あのレイ・チャールズも、ナット・キング・コールになりたくて、ピアノを弾きつづけた。

 

小手先でマネしたようなものは、単なるパクリの域を出ない。

だけどたくさん学び、愛をもってインプットし続けたなら。

 

それはあなたの血となり肉となり、あなたのアウトプットとなって世界に羽ばたく。

 

そんなカンタンなことを、すっかり忘れていた。

いつから、こんなに奢ってしまったんだろうと、少し自分がイヤになる。

 

もちろん奢っていたつもりなんて、まったくなかったのだけれど。

 

ただ自分のまわりには、そうやって学び続けているお手本がなかった。

だから知らなかった。

 

学び変化しつづけようとする自分を否定さえもした。

 

過去の学びや栄光だけを武器に、同じことを繰り返して生きる。

それも悪いことじゃない。

 

築いてきたものを、守るというのも立派な人生だ。

 

だが逆に、もし「何か違う」と感じたなら、そこから離れたっていい。

 

時間はかかっても、ちゃんとここにたどり着ける。

あなたの行きたい場所は、かがやいて待っている。

 

そんな気づきの日々である。

 

もうとっくにガソリンがなくなっているのに、どうにかアウトプットしようと形やテイサイばかり考えていた。

ちょっと落ち込む。

 

が、冷静に振り返れば、本当にゼロだったわけはなく。

ただ、そのカラクリに気づかず、アウトプットできない自分を責めていたというだけだ。

 

こんなことばかり言っていても仕方ない。

 

少しずつ、進んできている。

だから、やるっきゃない。

 

ちゃんと気づけて良かったのだ。

 

ものすごく、少しずつだけど。

前に進んでるのだ。

 

だから、めげずに、諦めずに、進み続ければいい。

 

カメのようにノロい自分でも。

あぁ〜加速しないかなぁ。とか思いながらも、亀でもいいし。

いつどこで加速するか、ワクワクして待っていればいい。

 

間もなく。