本の読み方。Kindleか、紙か。

本の読み方。Kindleか、紙か。

 

 

私は、週に数冊、

年間、、、何十冊?百何十冊?の本を読みます。

 

一時期は、書店や古本屋で好きなだけ

本を買っては、本棚やペッドサイドに積み上げて

読み漁っていました。

 

ですが、引っ越しを機に、

多くの本を手放しました。

 

と同時に「シンプルに暮らそう」と決め、

本を置くスペースも狭くしました。

 

 

本は大好きだけど、

読み終わった本でも、どうしても

手放すのが惜しくなる。

 

だから、決まった小さなスペース以上に

本を買わないと決めました。

 

 

それでも、どうしても。

 

好きなときに、好きなだけ

本が読みたい。

 

それを叶えてくれたのが、Kindleでした。

 

iPad miniを購入して、はや4年。

 

この試みは、大成功でした。

 

iPad mini は高い買い物でしたし、

本当にそんなに本読むかな?という

自分への懐疑心もあり、

ドキドキだったのですが。

 

私は大空へ羽ばたくように、

本の虫となりました。笑

 

ちょっと活字中毒だなぁと

思うときもあって、

たまに反省するのですが。

 

Kindleを導入しようという

決め手になったのは、

実のところ、テレビからの情報でした。

 

「電子書籍で読んだほうが

内容が頭に残りやすいというデータがある」

 

詳しくは忘れてしまいましたが、

ある研究で、そんな風に言われている

のだそうです。

 

実のところ、

どっちの方が良いのか、ということは、

問題ではありませんでした。

 

だって、紙の本で読むことが

とても気持ちのいいことだという事実は、

もう立証済みですから。

 

そう思うから、

どうしてもKindleに移行できずにいたんです。

 

でもこの情報で、Kindleにも

こんな良い研究結果があると知りました。

 

ということで、

やってみる価値はあるかもしれない、

新しい船に乗ってみよう、と

決心したのでした。

 

紙の本は、依然として

世の中にたくさんあるのだから、

本当に買えなくなるわけじゃない。

 

どうしても紙が良ければ、

また紙の本を買えばいい。

 

そんなふうに、

自分に逃げ道を作りながら。

 

 

以来、本は原則、Kindleで買う。

 

ほしい紙の本があっても、

同じ著者の、あるいは同ジャンルの別著者の

Kindle本がないか、探す。

 

小説などは別ですが、

世の中には文字通りゴマンと本が存在し

読んでも読んでも追いつけず、

どんどん発売されていきます。

 

悪い意味でなく

同じ著者やジャンルのものなら類似する本も、

たくさんあります。

 

Kindleという枠を設けたことで

選択肢をせばめ、

逆にえらびやすくなったという実感でした。

 

だから、無理をして、

何かを我慢してKindleを選んでいる

という気持ちはありませんでした。

 

最近にいたっては

書籍のKindle化はどんどん進んでますし、

Kindleでしか読めない本も

たくさんあるぐらいです。

 

本を読むとき、

よく線を引くといいと言うけれど

紙の本だと、とても勇気がいりますよね。

 

でもKindleのハイライトは、

つけたり消したり自由にできます。

 

「もしかしたら売るかも・・・」

 

という、たった10円や50円のための

よく分からない躊躇も不要です。

 

さらに、

あとでハイライトだけを閲覧したり、

ページごとブックマークしたり、

ハイライトをテキストにして

メール送付まで(量が多いとダメですが)

できちゃいます。

 

加えて、私はUnlimitedも使っているので

月1000円ほどで雑誌や本を

何冊も読めてしまっています。

 

とにかく、Kindleサマサマな、

私の読書ライフ。

 

改めて、技術の進化を

ありがたく思います。

 

私の家には、

Kindleで買ったぐらいの大量の本は

絶対に置けません。

 

紙の本だと、

スペースの関係で、

捨てたり、古本屋に売ったり

どうしてもいつか、手放さざるを得ません。

 

でも私のiPad miniは、、、

大きな大きな、私の図書館になりました。

 

Kindleなら、

「確かあの本にあんなこと書いてたな・・・」

と思ったら、Kindleにアクセスして

またダウンロードして

検索してくることができます。

 

ライブラリも本文も

テキスト検索もできてしまいます。

 

Kindleサイコウ。

 

ここ何年も、

疑いなくそう生活してきました。

 

ところが!

 

ところが!!!!!

 

突然変異が、起こりました。

 

2ヶ月ほど前のことです。

 

どうしても欲しくて久々に買った紙の本に、

スーっと、ハイライトをした瞬間。

 

めちゃくちゃ気持ちいい。

 

Kindleのハイライトでは

経験できないような、

新品の紙を自分のモノにする瞬間。

 

そして、ハイライトした周りに

所感を書き込んでいくたびに、

本が「身になっていく」。

 

気づいてしまいました。

 

ノート大好き人間。

書くの大好き人間。

 

紙の本を自分のモノにすると

この本は私のノートになる!

 

すべての本は、

私のノートになる!!!

 

もはや、よく分かりませんが。笑

 

とにかく、

これまでに読んだどんな本よりも

体に染み込んだ気がしました。

 

それからしばらく、

「この本は紙で読みたい」と思う本が

激増していきました。

 

・・・。

 

やっぱり、紙の本もいいね!

 

これが、私がこの記事で

言いたかったことです。笑

 

だけど。

 

でもでも。

 

本が大好きな方には

ぜひKindleも試してみて頂きたい。

 

こんなに感動した紙の本だけど

とても残念なのが、

読みたいときに取り出せないのです。

 

本の内容を一回で覚えるなんて

無理にきまっているわけで。

 

強く印象に残って、

すぐに実行にうつしたことで、

体に染み込むこともありますが、

やっぱり、そういうことは稀で。

 

他の本を読んでるときに

あ、あの本にも似たようなことが

書いてあったな、とか。

 

単純に、

あ〜あの本のあの部分、

すごい良かったけど、どんなだっけ、

とか。

 

読み返したくなることが

多々、あります。

 

そして、

そうやって何度も読み返すことで

短期記憶が長期記憶になっていくわけで。

 

ところが紙の本だと、

それができないのです。

 

正確には、しにくい、です。

 

そういう気持ちって、

家に帰って、着替えてご飯食べて、

そうやってるうちに

ちょっと忘れちゃったりして。

 

そしてまた出先で

「あぁ!!

昨日、あれ読み返そうと思ったのに・・・」

となる。

 

その点 Kindleなら、iPadのみならず、

どのメーカーのスマホでもPCでも、

いつでも自由に取り出せるのです。

 

・・・ということで、だから、

一番いいのは、両方買うことかもしれません。

 

 

という、

わけの分からない結論で、

今日の読書談義を

終わってみます♡