マトファーのチビターナー。(木べら20cm)

マトファーのチビターナー。(木べら20cm)

いつからか、

キッチンツールに興味が出てきて、

さりげない道具ほど、

きっちりしたものを買いたいと

思うようになりました。

 

そんな中、とても気に入っているのが、

マトファーのチビターナー。

 

勝手に、チビターナーとなづけてますが

木べらという商品名です。

 

だから、マトファーの木べらです。笑

 

子供のころ、

母親が木製のしっかりしたターナーを

使っていた影響で、

一人暮らしを始めたころから

木製でしっかり目の詰まった、

ちゃんとしたターナーを

使っていました。

 

メインで使ってきたのは

真ん中に穴の空いた幅広のターナーでしたが、

伊藤まさこさんの本で

マトファーのターナーが良いと教えていただき

ターナー好きの私は迷わず即買い。

 

サイズが5種類ほどあって、

レビューを見ながら、

「意外とつかえる20cm」と

「けっきょく一番つかいやすい30cm」

の2本を購入。

 

長いほうは、気に入ったら

古いターナーから乗り換えようと思っていたのですが、

用途も少し違うところがあって、

そこまでとはいかず併用しています。

 

そして、思った以上に活躍しているのが

短いほうのチビターナー。

 

一人分のスープや炒め物など

小さい片手鍋やフライパンでの料理に

パーフェクトフィット。

 

今では長年愛用してきた

穴あきターナーよりも出番が多いです。

 

マトファーってそもそもは

製菓道具メーカーなので、

このターナーもスイーツ用なんですが

コンパクトでしっかりしていて

とても使いやすいです。

 

ただ、大きなフライパンで

大量に炒め物をしたいときには、

特に、具材が大きめのときは、

私は幅の広いターナーを使っています。

 

たかがターナー、されどターナー。

 

どこの何を使っても、

そうそう変わらないような気がしますが、

実は毎日のように料理をしていると

とても頻繁に顔を合わせる存在です。

 

シリコン製も用途によっては

とても便利ですが、私はコンコンと優しい音がして

うっすらと木の香りが漂う

木製ターナーがとても好きです。

 

実家に帰ると、

相変わらず品のいい木製ターナーが

活躍しています。

 

が、私たちが子供のころから

ずっと使っているものなので、

なんだか少し、小さくなってきている?

 

素晴らしいキッチン道具を教えてくれた

母に感謝の気持ちをこめて。

 

今度、プレゼントしようかな。