Music and Me

Music and Me

何から書こうか、色々と想いを巡らせすぎて、

下書きがいっぱいになってきました。

でも、やっぱり。

 

カッコいい音楽人でありたい、

と言ったからには、まず音楽の話をします。

 

私と音楽の関係。

 

私は、音楽があると

とても幸せな気持ちになります。

 

音楽があると、

いつも見ている景色が

まったく違うものに見えます。

 

音楽があると、心が動きます。

 

聴いていたい。

唄ったり弾いたりしていたい。

そして、誰かと共有したい。

 

それはすべて、音楽が好きで好きで

たまらなくて起こる感情です。

 

音楽と関わっているというより、

人生がまるごと音楽の中にあって

すっぽり包まれている感じです。

 

そうやって生きてきました、

ということでなく、今、振り返ったら

そうだったと強く実感しています。

 

この半年、音楽との関わりについて

いろいろと考えた中で、

「私の中から音楽がなくなることはない」と

確信できました。

 

それは、本当に嬉しいことでした。

 

これまで出会った全ての人たちに

音楽の素晴らしさを教わりました。

 

そしてその感謝を音楽でお返しできればと

無心に進んできたつもりです。

 

そしてこれからも、

私はそうやって音楽と共に人生を歩んで

いきたいと切に願っています。

 

去年、何度かソロライブをやらせて

もらうことができたのですが、そのあと、

私は完全に自分を見失っていました。

 

音楽、なんでやるんだっけ?

 

大好きで続けてきたはずの音楽で

苦しんでいる時間が増えてしまった悩みは

数年前からありました。

 

なので、今回のことを機に、

もう一度、じっくり考え直してみたいと

思ったのです。

 

もしかしたら、

ただ目立ちたかっただけで、

音楽じゃなくても良かったかもしれない。

 

もしかしたら、

「私には夢があります」っていう理由で

他のこと手抜きしたかっただけかもしれない。

 

そんなふうに考えをめぐらせつつ

自分の気持ちを探り続けました。

 

そして半年が過ぎた今、紆余曲折を経て

新しいスタートを切ろうとしています。

 

そんな半年の、紆余曲折について

もう少しだけ詳しく書いてみようと思います。

あくまで回顧録的なものですが・・・。

 

もしかしたら。

 

これから歌手や音楽家を目指す方。

なりたいけど、うまく目標を定められず

悩んでいる方。

 

そんな方々が、このブログに辿りついたら

少しでもお役に立てる内容があるかもしれない。

そう願いながら、書いてみます。

 

そしたら、どんどん書きすぎて

とても長くなったので、次回に続く。