音楽をとりまく環境と活動再開にむけた展望。

音楽をとりまく環境と活動再開にむけた展望。

少し前から、音楽活動を再開したいという思いにかられている。

一方で、ブランクもあり、何から手をつけていいのか分からず、ひたすら戸惑う気持ちもある。

歌をうたうのは、楽しい。

心からスッキリするし、夢中になれる。日常で大きな声をだす機会がいっそう少なくなっているここ数年はなおさら。

だからこそ、このアーティストサイトも、中途半端ながらも捨てずに残してある。

だけど自分なりにいろんな活動をしてきた過去があって。

どういった活動がどういったことを意味するか、とか、音楽についてあれこれうんちくを言うオヤジたちの、あたかもそれっぽい意見が、いかにいい加減なものだったか、とか。

そういうのをそれなりに知って、その人間の深層心理にちかいところまで理解してしまって。

それでも音楽にかかわって生きていくのなら、それはもう、ただの自己表現だったり、自己満足の延長(かっこよく思われたいとか、かっこつけたいとか)では満足できない自分がいる。

誰かのためで、ありたい。

誰かに喜んでもらいたいし、誰かの感情を掻きたてたり、誰かが、私の音楽を聴くときだけは、素直になれたり。

自分が奏でるから凄いとか偉いとかではなく、ただ音楽のもつその魔法が少しでも多くの人を幸せにしてくれると信じている。

その想いの強さから、何かできたらいいと思う。

あるいは一方で、真逆のことも思う。

誰もが自分らしさを求め、自分らしくあることが何よりの生きやすさになりつつある現代。

何事においても、言葉や理屈で「分かりやすく」説明しようとする大きな流れとは裏腹に、人々の心の中にある「言葉にならない何か」は置いてけぼりになり、溜まっていく。

そして芸術たるもの、そもそもアーティストが内面を表現するためのツールとして存在しているという事実。

そんな時代だからこそ、誰かのためではなく、とことんまでに「自分だけのために」ただ音楽を奏でる。

それしかないのではないか。

とか色々めぐらせつつも、今のところは、どちらもエゴイスティックすぎる気がして、先に進む腰が重い。

※小難しい理屈は置いといて、最終的には「えい」と何か始めるしかないことも、同時に自覚している。

だが、こんな矛盾した想いをぐるぐる巡らせてばかりいても仕方ない。

だから今日はまず、音楽とか、音楽業界とか音楽活動とか、自分が再開にむけて思っていることとか。

そういうことを、ただ書き連ねてみようと思う。

果てしなく多量化した娯楽とその選択肢。

私が活動再開をとまどうことの一つに「果てしなく多量化してしまった娯楽」という存在がある。

多様化でなく、多量化。とにかく量が多いのだ。

誰かがヒットを飛ばすと、それにそっくりのものも、10や20では済まない数だけ出てくる。

すべてのことは芸術は真似ごとから始まわけで、何か流行るとコピーが生まれるというのは大昔からかわらない法則ではある。

だが、この情報化社会では、その量がハンパない。

多様化したものが、大量コピーされる。かけ算による多量化。

そんな現状に、私はちょっと飽き飽きしている。

多すぎるのだ。

そんな多すぎる数をもてあましている市場に、また誰かの焼き直しにすぎない何かを放り込んでいく。

そのことに、一体どんな意味を見出せばいいのか。

これは一体、なんのアクティビティなのか?

さらに、自分がオンリーワンになれるかどうかの鍵は、音楽にはない。

ポップス(正確には私の場合はR&B寄りだが、それでも日本人としてそれをやるならPOPSの領域を出ることはない)の領域においては、特にそう。

自分の音楽を聴いてもらうためにする努力は、きっと「音楽以外」のところにある。

SNSによるプロモーション、またはその他の趣味との掛け合わせ。

そういう意味でいうと、私にも他の趣味があるわけで、そういうものとの掛け合わせを本気で考えれば、少しは「自分が表現する意味」も見出せるのかもしれないが、、、

とにかく、こんな大量化の時代だからこそ、残っていく音楽というのは、少ない。

そういう中で、やっていくことの意味づけがない限り、あまりにも儚いように思える。

そして残っていきたいなら、今の流行りには乗らないこと。それだけは思う。

かつて、バッハやモーツァルトが奏でたような、音楽が本質的に持っている美しさに忠実に表現をすること。

そういったところに、たどり着くのかもしれない。

音楽に対する理解については、第3項にくわしく書く

コロナ禍で沈んだライブハウスの行く末。

ここ10年ぐらい、CDが売れなくなってからは、メジャーアーティストのビジネスモデルも変わりつつあった。

無料で音楽を配信し、コンサートやグッズで利益を出す。

そして元からCDの売り上げに頼らないインディーズにとっては、メジャーアーティストと同じ土俵には乗りやすくなっていた。

だがそんな波が、一気に消えていった。

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、人が集まることが良くないことという価値観が横行するようになって、もう1年半が経った。

ワクチン接種がはじまり、ようやっと(元には戻らないけど)必要なとき、そして集まりたいときには集まって、人々のもつエネルギーを何倍にもして影響しあえるような場面に立ち会える日も遠くないのかと思った。

そこにきての、デルタ株による再拡大。

毎日毎日、感染者の数字ばかり追って気も滅入るし、どうやって明るい未来を描いていいのかわからない。

特に音楽をやっていくことに関しては、ライブ活動のイメージが湧かないことは、かなり大きなダメージだと感じる。

そしてそれは、時が過ぎれば落ち着くようなものではないと思っている。

ライブハウスという密閉した狭い空間に対する価値観が変わってしまったのだ。リハーサルスタジオもそう。

多くのライブハウスが、クローズを余儀なくされたり、クラファンなどで資金を募ってしのいでいるが、私みたいな人はきっと多くいるだろうと想像すると、この文化自体が今後は危ういのではないかと感じる。

ただ、だとして、代わりにSNSなどで生配信できればそれで良いということもない。やはり同じ空間で生の音楽を共有できる喜びは、何物にも替えがたい。

音楽をやりたい理由は、ライブをやりたいからであるといっても過言ではない。

ライブこそが最高のコミュニケーションだから。

こんな風に矛盾した2つの気持ちを行き来していて、やりどころがない。

きっとライブハウスが復活しても、ライブハウスという存在は、もっともっとアングラなものになってしまうと思う。

ただ私自身は、ライブは好きでもライブハウスが好きだったわけじゃないので、これは戻りたいけど戻れないという嘆きではない。あくまで通り道として不可避と考えての意見にすぎない。

とにかく、いずれにしても。

もう一度音楽をやるなら、どこに向かったらいいのだろう。

そんな気持ちが、いっそう腰を重くしている。それもまた事実。

誰にでもがつくれる時代。は真実か?

先日、細田守監督のアニメーション映画「竜とそばかすの姫」を見たときのこと。

主人公は、その秘めたる音楽の才能を、親から与えられた iPhone で育てていく。

明確にそう謳われているわけではないが、iOS版の GarageBand の編集画面と思われる画面が何度もでてきた。

そんな風にえがかれた主人公の音楽的な才能がニセモノだと文句を言っているのではない。

そういったツールをうまく活用することで、才能をうまく伸ばしていくことは絶対に可能だし、現代を生き延びるには、ツールを使いこなせることは強みでしかない。

かくゆう私も、今月からはじめて本格的に iPhone で作曲および打ち込みを始めるつもりだ。

だが、問題は「それさえ動かせればそれでいいか?」ということ。

まず 最近の作曲というのは、基本的には作詞とメロディーメイクのみだ。

一番お手軽にやろうとするなら、まず無料のトラックを配布しているサイトから、トラックをダウンロードし、そこに歌をのせる。

正確には、そのトラックに合わせてメロディをつくり、歌ったものを録音して同時に再生する。

これにて一丁あがり。

このことが、悪いだなんてまったく思わない。

音楽をやることへの垣根が低くなったことは、素晴らしいことだと思う。

誰だって最初は見よう見まねなんだし、それを楽しんで手軽にできる環境が整っていることは最高のことだと思う。音楽の素晴らしさを少しでもたくさんの人に知ってもらえるきっかけにもなる。

だけどこれは、あくまで入り口の話だから。

もし、そこから先に進みつづけたいのなら、やっぱり私は、できるだけ「音楽」のことを知って欲しいと思う。

完璧じゃなくていいし、用語なんて知らなくてもいい。

だけどそこにある、音楽が音楽である理由。

そう「心を動かす」瞬間のこと。

音楽がなぜ、人を感動させるのか?

音楽がなぜ、人を楽しくさせたり、切なくさせたりするのか?

そこには実は、きわめてシンプルな法則がある。

それについてあまり細かく今日は書くことはやめておくが、それがリズムや音、そしてそれらの数や重なり方、頻度などである。

そういったことを、理論として学んだり、たくさんの音楽を聴くことでみずからはっけんしていったり、してほしいのだ。

それによって、音楽の深みが増す。

音楽をやっていきたい人たちには、音楽を知りたい人たちには。

ぜひそんな、音楽が「心を動かす」瞬間について、追及してみてほしいと思うのだ。

ただの「それっぽい」を抜け出すには、そういうプロセスが不可避だと思う。

そしてそれをできるようになるには、音楽のもつ力を心から信じて、愛しつづける心が必要。同時に、自分自身のことも、信じて愛しつづけること。

そうやって、ちゃんと音楽を向き合ってくれる人たちが、これからもちゃんとどんどん増えていきますように。

テクノロジーの進化とともに、そんなことを願わずにはいられない。

終わりに。

とりとめのない音楽談義をしてみた。

私は、社会に対しても、自分に対しても、現状を嘆く気持ちが強いんだと思った。

これからどうやって、この現状を打破していくのか。基本的には、打破することしか考えてない。

なぜなら、これを書いているうちに、見つかったからだ。

「それでも」

「こんな状況でも」

音楽をやる理由が。

それが何かというのは、今はそっと胸にしまっておこうと思う。

誰かに説明する必要などない。自分だけがわかっていれば、それでいいから。

音楽が好きな人たち、音楽をやりたい人たち。

そして、音楽をやっていて今はやめちゃったけど、機会があればまたやりたいと思いながらずっと手つかずになっている人たち。

この記事を読んだ音楽が好きな人たちが、あらためて音楽について考えるきっかけになることを願って。