本日は、お日柄もよく by 原田マハ

本日は、お日柄もよく by 原田マハ

言葉の持つチカラを、改めて教えてくれた一冊。

 

スピーチライターという仕事。

ある女性がこの職業に出合って、人生が変わるお話。

 

 

スピーチライターといえば、

記憶に新しい、オバマ米大統領の広島スピーチ。

天皇陛下の、お言葉。

 

事実は知らないけれど、

とても優秀なスピーチライターの存在が

見え隠れしているように思った。

 

そんな風に公人のスピーチを聞くようになったのは、

この本の影響なのかも知れない。

 

スピーチライターって、

日本ではあまり良いイメージがない気がする。

というか、ゴーストライター的な?

 

でも実際は、スピーカーが楽するためではなく

より「適切に」伝えるために、存在する。

 

この本を読むと、それがよく分かる。

 

物語の中に登場する、スピーチ。

プロのライターが書いたとされるスピーチ文。

 

脳裏に絵が浮かぶ。

ストーリーが、見える。

流れるようにフィルムが進んでいく。

 

原田マハさんは元キュレーター。

ずっとアートと共に歩んできた人ゆえに

彼女の言葉の選びかたもとても美しい。

 

彼女が表現する「アートな」言葉の数々を

堪能できる一冊です。