Raymond V Raymond / Usher レイモンド ∨ レイモンド/アッシャー 

Raymond V Raymond / Usher レイモンド ∨ レイモンド/アッシャー 

R&B界のカリスマ・アッシャーの、2010年発売のアルバム。

ヒットシングルをたくさん生んだ、大人になったアッシャーの、セクシーでチャーミングな魅力溢れる1枚。

前作アルバム「ヒア・アイ・アム(Here I Am)」から一転、結婚して封印されていた?セクシーなMVやEDMなど新たな音楽への挑戦が印象的。

パパになってダンディな魅力満載のアッシャーも素敵だったけど、やっぱり、少しおとなしくなったイメージで物足りなかった気がしていたので。

このアルバムを聴いて、アッシャーはやっぱりちょっとチャケてるぐらいが彼らしいなと思った(完全な好みの問題にて)そんな見どころ聴きどころの満載の作品。

OMG

なかでもOMGは、このキャッチーなフレーズがウケてメディアへの露出も増えましたし、その後のEDM傾倒にむけても転機となった1曲でした。

と言いながら、

私のイチオシはこっち。

Hey Daddy

あの、MVのリハーサル風景っぽいのが大好きです。

生まれ持った身体能力で踊れちゃいました。みたいなとこがなんとも言えない魅力。(ちなみにアッシャーには、こればっかり言う私)

何十回見たことか。

音楽的にも、こういったR&Bポップっぽいのがザッツ・アッシャーみたいな気がして私は大好きです。

There Goes My Baby