映画 『SING(シング)』 を待ちわびて。

映画 『SING(シング)』 を待ちわびて。

やっとのことで、

映画『SING(シング)』が今週末に公開。

 

映画『SING』公式サイト

 

もう2ヶ月ぐらい前から

手帳に書いて、楽しみにしている映画です。

あ、あのジブン手帳、愛用中です♡

 

ストーリーは、、、

 

街のすたれた劇場を救うべく、

劇場オーナーがオーディションの開催を決意。

 

そのオーディションに、

さまざまな背景をかかえた街の人々が集まり、

音楽の力で癒やされて元気になっていく。

 

こんな感じです。

 

すいません。

最後のほう想像で書きました。笑

 

ちゃんと知りたい方は

公式サイトでご確認ください!笑

 

だって、そうに決まってるじゃないですかー。

音楽はいつも人を元気にしてくれるんです。

 

音楽の力は、凄いんだぞ!笑

 

 

この映画、

本当に、洋楽好きにはたまらないです。

 

海外ドラマ「Glee(グリー)」が始まったときの

高揚感に似ています。

 

ずっと聴いてきた大好きな洋楽の名曲が

オーディション曲として次々と出てきて、

それを素敵なシンガーたちが唄う!

 

その中には、私がYouTuber時代から大好きな

トリー・ケリー(Tori Kelly)も出ている!

 

彼女は本当に素晴らしいシンガーなので

この映画でもっとたくさんの人に知ってもらえて

めちゃくちゃ嬉しい。

 

とにかくそんな大好きな音楽を、

個性豊かな動物たちのストーリーで

ちゃんと楽しませてくれる。

 

言わば、ザッツエンターテイメントショーです。

 

もう、たまらなくワクワクしています。

 

こんな王道で良いんですかってぐらい王道なのに、

ただただ楽しみで見たくなる。

 

音楽の力って本当に凄いなぁって

あらためて感動してます。

 

 

楽しみすぎて、

いてもたってもいられなくなって、

前売りムビチケを買っちゃいました。

 

 

ムビチケ初体験。

こうやって使うんですね。

 

割引デーまで我慢できる気がせず、

前売りを探してて、たどり着きました。

 

 

 

予告ムービーは、字幕版も吹き替え版も

どちらもすごーく魅力的でした。

 

でもやっぱり

字幕版で見たいなって私は思ってます。

 

まずは曲を原曲の言葉で楽しみたいし、

音楽中心の映画なので

ストーリーも英語のリズムで堪能したいです。

 

ですが!

日本語版、かなり良さそうです!

 

ムビチケ2枚必要かも!笑

 

相当の勢いで、

原曲へのリスペクトを感じます!

 

さすが音楽プロデューサーや監修をつけて

制作されてるだけのことはあります。

 

凄い。とっても感動しました。

 

なんと、歌詞まで吹き替えにしたのは

全世界で日本だけ、なんだそうです。

 

全世界で唯一日本だけ全編吹き替え!トップクリエイターによる共同制作!!

 

素晴らしいですね。

やっぱりこういう仕事っぷりは、

さすが日本人って感じですね。

 

今をときめく蔦屋さんプロデュース。

そりゃ凄いわけです。良いわけです。

 

彼らのコメントを読んでいると、

そのワクワク感がすごく伝わってきて、

とても共感できました。

 

そしてそして。

 

日本語版での魅力ポイントは

まだあります。

 

「君の名は。」で、その声優ぶりが

とても素晴らしかった、長澤まさみちゃん。

 

その演技力ももちろんのこと、

歌もとってもお上手!

 

そのうえ、大好きなトリーの吹き替えは、

なんとMISIA!

 

何なんですかこの映画。

興奮しっぱなしで疲れてきました。笑

 

公式サイトの劇中曲リストには

きゃりーぱみゅぱみゅの名前も。

 

これも日本人として、とても誇りだなって

嬉しくなりました。

 

そんなこんなで、

とにかく楽しみでたまらない映画『SING(シング)』。

 

公開まで、あと3日。

 

んーーーー長いっ!!笑

 

是非、たくさんの人に音楽の素晴らしさ

感じでもらう機会になればと思います♡