読みたい本と、夏休み。

読みたい本と、夏休み。

 

読みたい本が

溜まってきてしまいました。

 

今、夏休みで実家にもどり、

同じく本好きな母親と話すにつれて

読みたい本が、さらに増えてきています。

 

ぜんぶ読めるか分からないけど

備忘録に書いておいちゃう。

 

ライフ・シフト & ワーク・シフト

まずは、昨年話題になった

リンダ・グラットンの2冊。

 

ビジネスを始めたい私にとって

読んでおかねばと思う2冊だけれど

書店で見るたびにあの分厚さにたじろぐ・・・

 

っていうか、

Kindleで買えばいいのだけれど。

 

っていうか、

こんなアホなこと言ってる場合でなく

ちゃんと自覚をもって読もう。

 

夏休みの、課題図書、かもね。

 

旅先で読もうかしら。

 

次は、母からのレコメン2冊。

「羊と鋼の森」

ピアノの調律師のお話だそうです。

 

文学少女の母から、

母の友人の音楽家の方も感動したという

おすすめの一冊。

 

たまたま目に留まって読む本が、

なんだか音楽にかかわる本が多いわ〜

 

と。

 

それはきっと、母の愛なのだと

私は受け取りましたよ、お母さん。

 

もう一冊は、こちら。

 

東京の名画散歩―絵の見方・美術館の巡り方

印象派と琳派がわかれば、

絵画が分かる。

 

なんか、その理屈はわからんでもない。

 

名画とともに

美術館も紹介されているため、

紹介された絵をすぐに見に行けちゃう

そんな素敵なガイドブックです。

 

実家に置いてあって、

パラパラとめくったけど、こちらも

Kindleがなくて、ペンディング中ではある。

 

けどけっこう、今すぐ読みたい。たいたい。

 

大好きなアートについて、

特に琳派に代表する日本画のことは

ほとんど母に教えてもらいました。

 

この本を読んで、

またあらたに東京の美術館を

一緒に巡れるといいな。

 

さて。

 

まだまだ

リストアップしようと思いましたが、

今日のところはこの辺で。

 

すでに読みかけていて

レビューしたい本はあと10冊ぐらい

あるのですが・・・。

 

久々のお休みモードで

気が緩んでおります。

 

少しずつ、

またエンジンかけていきたいと

思います。

 

LINK集:この記事でご紹介した本