BOOKS

1/4ページ

憂鬱と官能を教えた学校 by 菊地成孔・大谷能生

「憂鬱と官能を教えた学校」という音楽本のご紹介。 コード理論に代表する現代音楽のベースとなっている音楽理論である「バークリー・メソッド」について、書かれた本です。 「憂鬱と官能を教えた学校」というのは、アメリカのボストンにあるバークリー音楽大学のことで、そこで教えられていた音楽理論のことを「バークリー・メソッド」と呼ぶ人たちがいます。 「メソッド」とか言われると、何か特別なことなのかと思われがちで […]

【再読】嫌われる勇気 by 岸見一郎/古賀史健

最近、過去に買った本を 再読していく流れがあります。   そういう中で、 やっぱりアドラー先生は凄いなと 思ったという話。   驚くのは、 あんなに深く感銘を受けたのに けっこう忘れてたこと!笑   途中、私はとんでもなく アドラーを誤解してたんじゃないかと ドキドキするような場面があって。   というのは、 「社会と調和する」という フレーズがあったときに […]

楽園のカンヴァス。by 原田マハ

大好きな原田マハさんの 代表作「楽園のカンヴァス」を やっと読みました。   久しぶりの小説。   食い入るように 読んだ気がします。   うまく感想が 書ける気がしませんが それでもこの感動を どうにか伝えたいという 気持ちです。   この「楽園のカンヴァス」は ルソーという画家とその作品をめぐる 仮想の物語なのですが。   キュレーターや監視員 […]

雑誌ポパイ2018年3月号を読んでハタチのころを思い出してみる。

今、最新号2018年3月号ポパイで 「二十歳のとき、何をしていたか?」 という特集がされています。   気になったのは 坂本龍一さん。   すでに東京藝術大学で 音楽を学ばれていたころですが、 音楽の話はあまり出てきませんでした。   しかも、当時は音楽家になることは あまり考えていなかったそうです。 おどろき。   ということで、 当時、どんな日常を過ごし […]

【特集:読書】レバレッジ・リーディング徹底解剖 。(本田直之著)

先日ご紹介したレバレッジシリーズの第一弾であり、大ヒット作「レバレッジ・リーディング」をご紹介します。 繰り返しになりますが、この本に出会って、私は読書の概念を大きく変えることになりました。 この本に書かれているポイントは大きく2つ、「ビジネスで成功するための多読術」と「その具体的な方法」についてです。 ビジネスで成功するための多読術 まず大前提に、何のための読書か?ということ。 この本には、ビジ […]

【特集:読書】乱読のセレンディピティ by 外山滋比古

いつまでも軽やかな外山滋比古先生の、軽やかな読書法の提案本。 スーパーご長寿・外山滋比古の新しい読書法 超ロングセラー「思考の整理学」で有名な外山滋比古先生は、 お茶の水女子大学名誉教授であり、日本の英文学者、言語学者、評論家、エッセイスト。文学博士である。 引用元:外山滋比古– Wikipedia その外山先生が書かれた「乱読のセレンディピティ」。発売されたのは2016年、なんと外山 […]

【特集:読書】「読むこと」について考える。読書や読書術に関する本まとめ。

読書は、何も考えなくても楽しめます。   でも、せっかく貴重な時間をつかって 本を読むのであれば、 学んだことをより多く実践して、 血肉にしていきたいと思ってしまう。   読書なんてまったくしなかった私が、 超・読書好きになるまでの10年ほどの間に読んだ 「本を読むこと」に関する本を、 まとめてみました。   読書について by ショーペンハウア 哲学者ショーペンハウ […]

1 4