休んでる自分を信じる。

休んでる自分を信じる。

成長曲線っていうのがありますよね。

成長とは、努力に比例してナナメ右上にむかうものではない。

最初はジリジリ進んで、あるとき突然グッとのびる。

という、アレです。

 

振り返ってみると、たしかにそうだな。と思うのです。

 

なにか納得いくようなことができたときって、突然なんです。

突然変異みたいに、あるとき急に、進化していた自分に気づく。

だから成長曲線というものを、私は信じています。

 

ですが日常のなかでは、どうしてもそのことを忘れてしまうんですね。

 

スッカリ忘れて、右上に伸びようとする。

毎日同じように頑張って、そのぶんだけ右上に伸びる自分。

そういう、ありえない自分をいつの間にかイメージしてしまってる。

 

しかし当然、現実はついてきません。笑

成長曲線は、たわんだ曲線ですから。まっすぐ右上になど伸びてないのです。

 

なのに「おかしい」とか思い始める。

 

おかしい。

昨日は、あんなに頑張れたのに。

なぜ今日は急に頑張れなくなるのか。

 

こんなことで自分、本当に大丈夫だろうか?

こんなことで自分、本当になりたい自分になれるだろうか。

 

右上に伸びない自分を勝手に責めて、落ち込んだり、焦ったり。

あの手この手を使って、自分をふるい立たせようとしてみたり。

 

それだってもちろん、うまくいきません。

なぜなら成長曲線は、右上にまっすぐは伸びないから。

   

どうしよう。

むしろ眠くなってきた。

どうしよう。

むしろもっとやる気がなくなった。

どうしよう。

何より、まったく楽しくない!!!

 

私の場合、それぐらい自分を追い詰めたころ、やっと気づきます。

 

そうだった。。。

成長曲線は、まっすぐじゃなかったんだった!!笑

 

昨日がんばったなら、今日は休んでいいのだ。

むしろまた頑張るには「休むこと」しかなかったんだ。。

 

右上に進もうとする人って、元来、がんばり屋さんだと思うんです。

それでいてちょっと、頭がカタイ。笑

自分をムリにグググーっと引っ張っちゃってる。

そういうことは起きないことをスッカリ忘れて、自分を引っ張ろうとする。

ナナメ右上に、ピーンと。

糸を引っ張るように、まっすぐに。

 

でもね、私たち、人間だもの。

機械みたいに計算どおりには、いきません。

 

だから、そんなときこそ、ちゃんと思い出しましょう。

 

成長曲線は、まっすぐじゃない。

 

休む自分を許してあげよう。

休んでいる自分も、しっかり信じてあげよう。

 

休むことも、進むことです。

休むことも、成長曲線上の活動なのです。

 

むしろ、きっちり休んで、またジリジリと進むしかないのです。

突然の、進化のとき。

その「瞬間」を、夢みながら。

 

私たちはいつだって間違いなく、その曲線上を、進んでいるのです。

※だけどムリして頑張ろうとした自分も、カワイイと思って許してあげてね