とびきりの幸せ。

とびきりの幸せ。

人の幸せって、その人にしか分からないから、誰にも何も強制することはできない。

 

でも、ひとつだけ、たしかに思うことがある。

誰かの幸せが自分の幸せと同じとは限らないし、たとえ誰かが褒めてくれたとしても、それもまた幸せとはほど遠いということ。

 

世間で言われる「幸せのカタチ」をただ追い求め、それが幸せだと信じる。

そう信じたくて、必死で守ろうとしている人も多いかもしれない。

 

それはそれで、もしそれを続けていきたいのなら、それは誰にも止められない。

あなたの心の中は、誰にも分からないから。

 

でも一度だけ、今まででイチバン真剣に自分にきいてみて欲しい。

 

あなたは、自分の心の真ん中の真ん中の、一番アツいところにある叫びを聞いているだろうか。

 

言い換えると。

 

自分だけのモノサシで、自分だけの幸せを守っているだろうか。

 

過去の自分が選んだ道が、今の自分につながっている。

今の自分を変えていく作業は、過去の自分の誤りを正すことになるときもある。

 

自分が間違っていたなんて、思いたくないかもしれない。

一度「これだ」と思ったものを「やっぱりちがう」と言うには、勇気がいるかもしれない。

 

これだけ我慢してきた。

これだけ苦労してきた。

 

これだけ頑張ってきた。

これだけ認められてきた。

これだけ期待に応えてきた。

 

そんな過去の自分を、捨てるわけにはいかないと思うかもしれない。

 

それでも時間は過ぎていく。

ただ時間は、あなたの一度きりの人生を進めていく。

 

枠から飛び出すことは、たしかに怖い。

 

だけど飛び出さなければ、一生、外に出られることはない。

 

どんなに願っても、どんなに想いを馳せても。

飛び出さなければ、そこは同じ、枠の中だ。

 

大切なのは、どんなときも、ウソのない心でさっそうと生きること。

 

なんじゃないの?

 

すべてを捨てる必要なんて、ぜんぜんない。

実際のところ何も捨てなくたって、飛び出すことはできる。

 

飛び出してみると、そこに本当は枠なんてなかったとすら気づける。

 

本当の自分で生きることは、難しいことじゃない。

難しいと思っているから、できないだけ。

 

今、この瞬間から。

なんの言い訳もなく、ただ真っ向から挑むだけ。

 

誰に傷つけられても、誰に怒られても、アハハと笑って、これが自分なんだと声高らかに生きるだけ。

 

今、ここで覚悟して、ただ前に進めばいい。

怖がってあれこれ言い訳なんか探さなくていい。

 

まずまず幸せな人生なんて選ばなくていい。

 

ただ、ポーンと。

 

本当の自分になるだけ。

 

そうやってあなたは、とびきり幸せになっていい。