ボイトレネタ。声の通りをよくするコツ。

ボイトレネタ。声の通りをよくするコツ。

歌を唄っていて、

よく聞かれるのが、

発声を良くするには、どうしたらいい?

ということ。

唄うときだけでなく、

話すときも、発声を変えたい人って

けっこういらっしゃるようで。

 

スピーチとかプレゼンとか、

声を使うことって誰にでも

あるもんね。

 

かくゆう私も、

発声そのものに苦しみ続けたので、

たくさん研究しました。

 

振り返ってみると、昔の自分も思ったほど悪くないのだけれど。あのころは周りにダメダメ言われて逆洗脳されてた。

 

今日はそんな私の

発声にまつわるアレコレを

ちょっとお伝えしてみます。

 

通る声と通らない声には

明確な違いがあります。

 

喉から声を出しているか、

お腹から出しているか。

 

聴き分けるのは、

最初は難しいかもしれないけれど、

一度、知ってしまえば、

だいたい聴けばすぐ分かります。

 

私もそうだったのだけれど、

声が通らないとか、

マイクに声が乗らないという人は

アゴあたり、喉の上のほうの筋肉を使って

声の高さや強弱を調整します。

 

声がすごく通ったり

「ええ声」と言われるような人たちは

喉の下のほうの、鎖骨に近いあたりの筋肉を使って

声の高さや強弱を調整します。

 

両者が使っている筋肉のちょうど真ん中あたりに

声帯があるイメージです。

 

前者は、声帯を「通った後」の声を

調整しています。

 

後者は、声帯を「通る時」の声を

調整しています。

 

違いが分かるでしょうか。

 

そして、どっちが省エネか、

分かるでしょうか。

 

唄うとき、話すとき、

すべてにおいて「通る声」になるには

後者の発声が必要です。

 

前者の発声でも、生きてはいけますが、

いったん声帯を通ったあとの声を

再調整するので、喉に負担がかかって、

大きな声が出にくかったり、

細かい音程の調整が難しくなったりします。

 

アナウンサーも、

芸人さんもタレントさんも

モチロン歌手も、ナレーターも、

声を使うお仕事をしている人たちは

ほぼ後者の発声です。

 

ただし、前者の発声だから

歌手になれない、ということはありません。

 

声の出し方は、

長年培ってきたクセに過ぎないので

たまたま誰にも習わず後者の人もいれば

前者で生きてきた人もいるということです。

 

ですから、

どんな人でも後者のような発声は

できるようになります。

 

プラス、実際に前者の人も

100%喉で調整しているということはなく、

ある程度、声帯まわりの筋肉も使っているけど

あとからさらに喉でも調整しちゃってる

ということが多いです。

 

だから、少しずつバランスを

変えていけばいいだけです。

 

心がけは必要ですが、

基本的には「筋トレ」みたいなもんなので、

一昼夜でできるようにはなれません。

 

なので、無理せずコツコツ

やっていくことが大切です。

 

一番いいのは、

そんなことをあまり気にせず、

大きな声でたくさん唄うこと。

 

だんだん声帯まわりの筋肉が鍛えられて

自然と喉の力が抜けていきます。

 

アイドルとしてデビューして

その後、歌がうまくなっていく人なんかは

こういう人が多いです。

 

ですが、

これは集中的に相当たくさん唄うか、

生バンドでライブで唄うなど

かなりの大きな声をコンスタントに

出す必要があります。

 

カラオケだったら、

マイクを使わなくても成立する声量です。

 

可能ならそれでいいですが、

そういう機会が少ない人は

普段からちょっと心がけて練習すると

いいです。

 

声の出し方(喉の形)を変えるために

イメージすることは色々あります。

 

よく言うのが、あくび。

喉の上のほうの力が抜けるので、

その状態で声を出せると、

正しい発声になると言われています。

 

私も、パソコンで仕事中、

あくびしている時のように

喉を下にさげた状態を保てるよう

練習していた時期がありました。

 

クセで喉が上がってしまうので、

心がけて喉を下げておけば、

そのうちそっちの筋肉が優位になって

クセづいていくということです。

 

いつでもどこでもできるし、

やってても誰にもバレないから、おすすめ。

 

あとは、喉を開くとか、

口角を上げるとか、

奥歯を開くとか。

 

自分でイメージしやすいもので

力の重心を、喉の下へ下へとさげて

声を出す練習をしていきます。

 

最初はなかなか出来ません。

 

ロングトーンが良いって言われるけど

ロングトーンって本当に詰まんない。笑

 

私はほんと、できなかった。

 

少しはやったけど、

あまり続いた記憶はないね。

 

代わりになったなと思うのは、

話すぐらいの音域だけの曲を

たくさん唄うこと。

 

あまり高いキーのやつはNG。

 

キーを下げてたくさん唄うとか、

女性なら男性キーでギリギリ出る低さで

唄うとかも、効果的です。

 

私だと、Sugar Soulの一部の曲とか

竹内まりやさんとか、あとは男性曲とかで

やっていました。

 

コレはカラオケでも言える。

 

最初はあまり高い音のない歌で

喉をウォームアップすると

あとで気持ちよく高音のものも

唄えたりする。

 

けど、最初からガツーンと

いきたがるよねぇ、みんな!笑

 

いや、好きにしていいんだよ。笑

 

だけど、声が出なくて悩んでる人は

そういう順番がお勧めです。

 

ただ、やっぱり歌を唄うとか

声をだすっていうのは、最終的には

頭で考えてやることじゃないから。

 

メカニズムを説明したところで、

ふぅーんって思ってもらうしかなくて、

これが分かったからできる、

というものでもなく。

 

だから、あんまり考えすぎず、

楽しくたくさん唄うのがいいのではと

私は思いますよ。

 

唄ってて声が安定してきたら、

話す声も変わってきますし。

 

短期間で変えたい人は、

とにかくどんどん、声出していきましょ。

 

私にもできたから、

誰にもできると思う。

 

みんな、がんばれー。