君の名は。を見て。

君の名は。を見て。

ジブリでもディズニーでもないアニメーションを

久々に映画館で見ました。

トレーラーを見たとき

男女の中身が入れ替わる、

ただの青春物語だと思っていたけれど。

 

公開からわずか2日で

映画アプリのレビューが、

見たことない高い数字になっていて。

 

これは、ただごとではない、

なんか、見ておかないといけない、

みたいな感じで、

すぐに見に行きました。

 

予感は的中。

 

最も感動したこと。

全てが、素晴らしかったということ。

 

物語の展開。

その構成要素。

声優さんたちの演技。

そして、音楽。

 

エンドロールの最後まで、

誰一人として席を立たず

RADWIMPSの歌に聞き入っていた

こんな体験、初めてでした。

 

ぜひ、少しでも多くの方に、映画館で見てほしい。

 

青春、人生、恋愛、家族、友達、社会、伝統、都会、田舎、自然、破壊、再生。

ラブ、ファンタジー、ドキュメント、サスペンス。

 

色んな要素がギュギュっと詰まっていて

子供から大人まで、しっかり楽しめる。

 

何よりストーリー展開がしっかりしていて、

余計なものが、一つもない。

 

そして。

 

見終わったあと、心にスカッと爽やかになる。

そんな気持ちのいい映画でした。

 

 

それにしても

最近のディズニー映画しかり

大人が楽しめるアニメーション映画が

本当に増えた気がします。

 

時代の移り変わりもあるのだろうけど

そこには、やっぱりジブリの功績が

あるんじゃないかなって思えて仕方ありません。

 

アニメーション映画に

本気で取り組んできたジブリ。

 

今やディズニーでも、

宮崎ファン、高畑ファンは後を絶たない。

 

繊細なディテールに、決して手を抜かず、

風景や人物、その動きや心情をリアルに描く。

 

リアリズムの追求によって、

非現実的なファンタジーが、

逆に現実味を帯びてくる。

 

そうやって、
子供だけのものだったアニメーションが、

大人も子供も楽しめるものに育っていった。

 

そんな風にも、言える気がする。

 

そして、そんなジブリ映画で育った世代の

クリエーター達が世に出て、

良質なアニメーションを作り続けてくれる。

 

そういう公式に、やっと気づきました。

 

宮﨑駿さんが長編を引退して、

もうじき、日本で良質な長編アニメーション映画は

見れなくなってしまう。

 

盲目的にジブリを愛している私は、

そんな風に思っていたけど。

 

そうじゃないんだなと思えて嬉しい。

 

これからも、ずっと、

日本が、素晴らしい長編アニメーション映画の

生まれる国であり続けてくれますように。

 

アニメーションで夢を与え続けてくれてきたジブリに、

改めて、感謝の気持ちでいっぱい。

 

そして、同時に、

日本を、とても誇りに思います。

 

ってことで「君の名は」を見ての、

ジブリトークでした。笑